中野 丈TAKESHI NAKANO

自己紹介

国内に適用がある法令だけでもその数は非常に多く、その全ての条文の数は膨大となっています。
また、技術、文化の発展に伴い、法令によりルール化されるべき事柄や範囲は今後も広がり続けることから、適用される法令の内容もますます複雑多岐にわたり、高度に専門化されたものが含まれるようになるでしょう。

さらに、これらの法令は、基本的には日本語で作成されているものの、使用されている言葉自体がもともと多義に解釈されるものであったり、敢えて解釈の幅を持つ言葉が使用されたりしている場合もあり、各法令の各条項から一義的なルールが明確に読み取れるとは限りません。このような場合には、その法令や条項が定められた趣旨を理解し、それを踏まえて解釈する作業が必要となります。

このように多くの法令が存在し、その理解や解釈が難しい中において、クライアントに適用されるルールの存在を見つけ出し、正確かつ具体的に把握してそのイメージを伝えることが、弁護士の基本的な役割だと思っています。

主な経歴

  • 鹿児島ラ・サール高等学校卒業、東京大学理科2類進学

  • 東京大学農学部卒業

  • 第一東京弁護士会登録(58期)

  • 第一東京弁護士会業務改革委員会第4部会長

  • 株式会社ネットマーケティング社外監査役

  • 医療法人浩聖会監事

  • 第一東京弁護士会総法研医事法部会副部会長